タロットカード占い資格

タロットカードを学び使いこなせるために、効率的に学べると評判の資格講座と資格取得のメリットなどわかりやすく解説してきます。運勢も自分で占える!タロットカード占い資格をとるならこれ!

タロットカード占いを身につけるのに必要なこと

タロットカード占いを身につけるのに必要なこと

タロットカード占いを身につけるには、まず暗記力が必要です。さらに、出てくるカードに応じた意味を相談者にも伝わるように読み解いて話す必要が有るため、コミュニケーションスキルも身につけておく必要があります。

語彙力とコミュニケーションスキルが大切

タロットカード占いに限らず、占い結果を相談者に分かるように伝えて、相談者へのアドバイスにするにはコミュニケーション力が求められます。相談者の悩みを解決できるようにサポートしながら、相談者に教訓や戒め、解決策を提示して相談者を助けられるようにしなければいけません。

相談者に言葉で未来を伝えて、相談者の未来を改善させられるようにするのも占い師の仕事です。言葉で人の未来を変えるのは占い師の力のひとつなので、しっかり他人の運命に関わって変えられるくらいの語彙力や説得力も求められます

コミュニケーションスキルも高くないと相談者から情報を聞き出せないので、占い師の人間性も重要となります。

カードの意味を暗記する

タロットカードには大アルカナと小アルカナという種類のカードがあります。大アルカナは22枚、小アルカナは56枚あり、最初のおおまかな占いに大アルカナを使って、より細分化した占いをするために小アルカナを使用するというようなスタイルで使われることもあります。

カードの種類それぞれに意味が決められており、まずは大アルカナ22枚の持つ意味を暗記することからタロットカードが始まります。カードには正位置と逆位置があり、1枚のカードに対して約4つの意味を持つことになるため、実質88個の暗記をする必要があります

暗記が苦手な方でも、このカードの意味はしっかり覚えないといけないので、時間をかけて学ぶようにしましょう。

カードの種類を決めよう

タロットカードは使用するデザインや見た目も非常に多くなっており、人によっては好みの柄、キャラクター、デザインを選ぶことでタロットカードをより楽しむことができます。タロットカードにも高いものと安いものがあり、基本的に安くても問題はありません。

ただし、浄化の必要があることや、長く使用することで傷やすり減りができてしまうため、頑丈なカードを選んだほうが長く使えるでしょう。ラミネート処理して傷つかないようにするのも良い工夫なので、カードを決めたら、傷対策や劣化対策をするのも大切です。

カードデザインが好みのものであれば、タロットカードを楽しみながら使えるようになりますので、タロットの勉強も三日坊主にならずに続けられるはずです。


  • TOP