タロットカード占い資格

タロットカードを学び使いこなせるために、効率的に学べると評判の資格講座と資格取得のメリットなどわかりやすく解説してきます。運勢も自分で占える!タロットカード占い資格をとるならこれ!

自分で占いをする時のポイント

自分で占いをする時のポイント

タロットカードでは、他人を占うだけでなく、自分自身を占うこともできます。カードの配置や引き方が同じであれば、カードの示す意味合いは変わらないので、時には自分を占ってみるのも良いかもしれません。

自分をよく知ってから占おう

自分を占う場合、西洋占星術のホロスコープや数秘術、星座占いや個性心理学、姓名判断などを行って、多面的に自分を分析しておくと良いでしょう。さまざまな視点から自分を見つめ直せれば向いている仕事や最適な方角、相性の良い人も見出しやすくなります。

タロットカードは運要素が強いため、毎日の占いや一週間ごとの占いなどに最適で、どんなことに気をつけて生活するか、指標を得るのに最適です。タロットカードの示す意味が良いものであっても、悪いものであっても過信せずに、参考程度と捉えてタロットカードを活用していけば、自分をしっかり見つめ直せるでしょう。

自分の本質を一番理解しているのは自分ですから、占い結果も合わせて分析してみましょう。

カードの意味を理解しよう

タロットカードの持つ意味を全て暗記していなくても、個人で占う場合には情報を元にして自分を分析することができます。タロットカードの意味する内容は、単純なものではなく、1つ、2つの意味から派生して4つ、5つと意味を分析できる場合があります。

使用するカードの違いや正位置と逆位置の違いからも意味を少し分析できるため、カードの持つ本来の意味だけでなく、根本的に含まれている価値や啓示を見いだせるようにしましょう。

タロットカードの起源や、発祥した時のカードの持っていた意味を対応させると全く異なった見解が得られることもあります。また、吉方位やその人個人のパワーが発揮される方角に基づいて、どんなスプレッドを頼るかでも変化があります。

バランス良く占うのが大事

タロットカード占いだけで示せる内容は少ないため、自分をより深く理解したい場合は、他の西洋占星術や手相、数秘術なども参考にするのが良いでしょう。完璧な占いなど存在しませんので、弱点や占いに向かない分野は互いに補い合いながら、自分自身が最も力を発揮できて、成功に近づける方向性を見出しましょう。

自分で占いができれば、占い費用も抑えられて、誰との相性でも自由に占いできて魅力的です。自分らしさや自分に適した仕事探し、生活面で気をつけることもタロットカードを元にすればだいたいの道標は見えてくるので、目標を見失ってしまっているときこそ、タロットカードや占いを活用してみてください。


  • TOP